東京の未来、未来の生活

ハーバード大学 デザイン大学院 東京会議 2017

Harvard University Graduate School of Design

THEME

【日時】
4月24日(月)2:00 PM – 6:30 PM (開場 1:30 PM〜)
開場1:30 開演2:00 終了6:30 続いてレセプション

 

【会場】
ワテラスコモン 3Fホール(御茶ノ水)

http://www.waterrascommon.com/access.html

東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地

 

 

東京のパラダイムシフトを語ろう!

ハーバード大学デザイン大学院(GSD)は「東京の未来」に注目し、都市と建築を他ジャンルと横断的に議論する、まさにGSDスタイルの会議を開催します。GSDからは3名の論客が来日、モビリティと情報技術の最前線からも論客を交え、多元的なディスカッションを展開します。
21世紀の東京の未来は20世紀とはずいぶん異なっています。長らく人口増加と都市開発があたかも東京の前提となっていましたが、2020年には人口減少が始まり、空き家などの負の遺産がこの大都会でも社会的課題となり始めています。 働き方が変わり、シェアやコモンの概念が育ち、モビリティ技術が人々の行動パターンを広げ、情報技術がコミュニケーションやライフスタイルを変え・・といったパラダイムシフトに、都市や建築のデザインはどう向き合っていけばよいのでしょうか? この会議では東京を都心とその周りのリングゾーンに分け、建築・都市デザインの分野から「東京未来ビジョン」への議論を起こします。奮ってご参加下さい!

 

 

申し込み

 

 

DETAILS

【主 催】 ハーバード大学デザイン大学院 Harvard University Graduate School of Design

 

【後 援】 富士通株式会社

 

【日 時】 4月24日(月)

      開場1:30 開演2:00 終了6:30 続いてレセプション

 

【会 場】 ワテラスコモン 3Fホール

      東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地

 

【定 員】 180名

 

【申込み】 要予約。下記のサイトからお申し込みください。

      http://harvardgsdtokyo-ja.peatix.com

      定員に達した時点で、申込みを締め切らせて戴きます。

 

【参加費】 3000円(資料・レセプション込み)

 

【問合せ】 info@npo-plat.org

 

【事務局】 NPO法人 建築思考プラットフォーム

 

同時通訳付

 

 

 

PROGRAM

プログラム

 

1:30 pm

開場

 

2:00 pm

Welcome

モイセン・モスタファヴィ(ハーバード大学GSD学部長)

 

キーノート「東京にきたるべき変化、つくりだす変化」

内藤廣(建築家・東京大学名誉教授)

 

ブリーフィング

太田佳代子(PLAT)

 

セッション1 東京の居住ハイブリッド地帯

パネル

長原巨樹(ルノー日産アライアンス コネクテッドカー&モビリティサービス事業部副本部長)

北山恒(建築家・法政大学教授)

塚本由晴(建築家・東京工業大学大学院教授)

 

ディスカッション

ゲストクリティック:

ダイアン・デイヴィス(ハーバード大学GSD教授)

乾久美子(建築家・横浜国立大学YGSA教授)

隈研吾(建築家・東京大学教授)

モイセン・モスタファヴィ(ハーバード大学GSD学部長)

司会=小林恵吾(建築家・早稲田大学准教授)

 

休憩

 

 

 

4:30 pm

特別プレゼンテーション「東京」(仮題)

槇文彦(建築家)

 

 

セッション2 東京の経済成長を担う都心部

パネル

髙重吉邦(富士通マーケティング戦略室長)

本江正茂(東北大学大学院准教授)

林厚見(スピーク共同代表、東京R不動産ディレクター)

 

ディスカッション

ゲストクリティック:

マイケル・ヘイズ(ハーバード大学GSD教授)

金田充弘(構造エンジニア・Arupシニアアソシエイト・東京藝術大学准教授)

モイセン・モスタファヴィ(ハーバード大学GSD学部長)

司会=中西泰人(慶應義塾大学教授)

 

6:30 pm

結び

 

 

レセプション

 

 

 

 

申し込み

 

 

 

 

この会議は富士通株式会社の後援により実現します。

 

maru

 

 

写真クレジット

©高橋健治(乾久美子氏写真)

©J.C. Carbonne(隈研吾氏写真)

©Izuru Echigoya(本江正茂氏写真)

 

 

どうなっているの?
この人たちのデザインアーカイブ

What's the deal? Design archive of these people

プロダクトデザイナー

渡辺力   1912年生まれ*

剣持勇   1915年生まれ*

柳宗理   1915年生まれ*

長大作   1921年生まれ* NEW

近藤昭作  1927年生まれ*

栄久庵憲司 1929年生まれ* NEW

黒川雅之  1937年生まれ

川上元美  1940年生まれ

喜多俊之  1942年生まれ

水戸岡鋭治 1947年生まれ

川崎和男  1949年生まれ

宮城壮太郎 1951年生まれ*

 

建築家

調整中

 

グラフィックデザイナー

原弘    1903年生まれ*

亀倉雄策  1915年生まれ*

粟津潔   1929年生まれ*

永井一正  1929年生まれ

田中一光  1930年生まれ*

勝井三雄  1931年生まれ NEW

福田繁雄  1932年生まれ*

杉浦康平  1932年生まれ

中條正義  1933年生まれ

石岡瑛子  1938年生まれ*

浅葉克己  1940年生まれ

松永真   1940年生まれ

佐藤晃一  1944生まれ*

井上嗣也  1947年生まれ

八木保   1949年生まれ

秋田寛   1958年生まれ* NEW

インテリアデザイナー

倉俣史朗  1934年生まれ*

北原進   1937年生まれ*

大橋晃朗  1938年生まれ*

内田繁   1943年生まれ*

杉本貴志  1945年生まれ

植木莞爾  1945年生まれ

北岡節男  1946年生まれ

 

テキスタイルデザイナー

粟辻博   1929年生まれ*

 

メーカー

資生堂 ソニー

ホンダ トヨタ自動車

マツダ キヤノン

ヤマハ パナソニック JADA

デザインミュージアム・デザイン機関

国内:

DNP文化振興財団 NEW

国立近代美術館工芸館

JIDAデザインミュージアム

富山県立新近代美術館

金沢工業大学建築アーカイブズ

柳宗理デザイン研究所 他

 

海外:

Cooper Hewitt(NY)

MAK(ウィーン) Barbican

The Design Museum(ロンドン)

Pompidou Centre(パリ)

Garage(モスクワ)

The New Institute(ロッテルダム)

MAXXI(ローマ)

M+ (香港)他

調査対象については変更する可能性もあります。

調査対象(個人)は、2006年朝日新聞社刊『ニッポンをデザインしてきた巨匠たち』を参照し、すでに死去されている方などを含め選定しています。

*は死去されている方です。