NPO法人建築思考プラットホーム

PLAT組織概要

ABOUT US


CONCEPT

Platform for
Architectural
Thinking

 

建築思考プラットフォーム

 

建築的発想でとらえてみる。
新しい可能性が見えてくる。

 

 

成長のピークを越えた日本の社会は今、少子高齢社会特有の停滞と経済的課題に直面しています。また、繰り返し訪れる自然災害は、生活の根本的破壊のリスクをもたらし続けています。こうしたなか、社会が今本当に必要としているもの、社会に本当の価値をもたらすものは、右肩上がりの30年前とは大きく異なっています。 私たちの生活環境に、都市、まち、建築といった大きなハードウェアは不可欠ですが、都市や建築のデザインは社会が抱える課題の解決に、本当に役立っているでしょうか? 都市・生活環境は大資本や情報技術によって整備され、市場経済の論理が支配せざるを得ないのが現実ですが、それを受け入れるだけでいいのでしょうか? 建築の本質的な価値が何なのかが一般的に理解されていないため、ハードウェアの変化について判断をすることが難しい、という問題も大きいのではないかと私たちは考えます。

 

近年、デザイン思考という言葉が日本でも使われ始めています。同様に、建築的にものごとを発想する「建築思考」というものがあります。課題を空間的に捉え、人間の営みを時間的に構成し、視覚的にコミュニケートし……というように、建築や都市をつくるときに必要とされる思考力です。建築を専門としない一般の人々の間にも、この思考が共有されるようになれば、建築や都市の姿だけでなく、広く社会の様々な領域が建築の本質的な価値、いわば「建築力」によって豊かになるはずです。

 

とえば、社会のどこにどんな課題や可能性があるのかを、空間的な観察や社会背景に潜む関係を総合的に理解するリサーチによって把握するのが「建築思考」です。また、空間的な構想力を使いながら長期的スパンで新しいシナリオを組み立て、空間のありようと一体化した課題解決を試みることも、「建築思考」によって可能となります。

 

PLAT(建築思考プラットフォーム)は、この「建築思考」のもたらす可能性や豊かさを広く社会に示し、より多くの人々に共有され、活用されるよう、様々な活動を展開するために生まれた組織です。建築思考によって日本社会に潜在する新しい可能性を掘り起こし、行動に移していくことができれば、日本の都市・生活環境に新しい価値、より豊かな変化がもたらされるでしょう。

 

建築思考プラットフォーム

 

 

 

 

concept map

 

太田佳代子

太田佳代子 Kayoko Ota

建築キュレーター/編集者

2012年までの10年間、オランダの建築・都市設計事務所OMAのシンクタンクAMOで総合的リサーチに基づく展覧会と書籍の企画、文化マスタープランに携わる。2014年ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館コミッショナー、2015年同・国際美術展中国館アドバイザー。2004-06年雑誌「DOMUS」(ミラノ)副編集長・編集委員。2016年ロンドン・デザインビエンナーレ審査員。

 

関 康子

関 康子 Yasuko Seki

トライプラス代表/編集者

デザイン誌『AXIS』編集長を経て、フリーランスで活動。2001年トライプラスを共同設立し、子どもの遊びやデザインをテーマとした商品、出版、展覧会、ワークショップなどの企画開発にあたる。編著、著書にAERA DESIGN『ニッポンをデザインした巨匠たち』『倉俣史朗読本』『おもちゃと遊びのコンシェルジュ』など。2011年~女子美術大学非常勤講師。

 

白井宏昌

白井宏昌 Hiromasa Shirai

建築家/滋賀県立大学准教授

早稲田大学大学院修士課程、ロンドン大学政治経済学院博士課程修了。博士(都市社会学)。Kajima Design、 OMA(オランダ)、ロンドンオリンピックパーク・マスタープラン チーを経て、2010年にH2Rアーキテクツを共同設立。建築家として、企業と新しい空間ビジネス構築にも携わる傍らオリンピックと都市の研究も展開。主な作品に「剣潭のホテル」「仁愛の集合住宅」「Porsche Summer Summit」。

 

小林恵吾

小林恵吾 Keigo Kobayashi

早稲田大学建築学科助教/建築家

ハーバード大学大学院デザイン学部 (GSD) を卒業後、2005年から2012年までオランダの建築・都市設計事務所OMA-AMO(ロッテルダム)に勤務。おもに中近東諸国や北アフリカ地域の大規模建築や都市計画プロジェクトに携わる。2012年9月から現職。2014年ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館で展示計画を担当した。設計活動ユニットIMIN共同主宰。

 

 

 

どうなっているの?
この人たちのデザインアーカイブ

What's the deal? Design archive of these people

プロダクトデザイナー

渡辺力   1912年生まれ*

剣持勇   1915年生まれ*

柳宗理   1915年生まれ*

長大作   1921年生まれ*

近藤昭作  1927年生まれ*

栄久庵憲司 1929年生まれ*

黒川雅之  1937年生まれ

川上元美  1940年生まれ

喜多俊之  1942年生まれ

水戸岡鋭治 1947年生まれ

川崎和男  1949年生まれ

宮城壮太郎 1951年生まれ*

 

建築家

調整中

 

グラフィックデザイナー

原弘    1903年生まれ*

亀倉雄策  1915年生まれ*

粟津潔   1929年生まれ*

永井一正  1929年生まれ

田中一光  1930年生まれ*

勝井三雄  1931年生まれ

福田繁雄  1932年生まれ*

杉浦康平  1932年生まれ

中條正義  1933年生まれ

石岡瑛子  1938年生まれ*

浅葉克己  1940年生まれ

松永真   1940年生まれ

佐藤晃一  1944生まれ*

井上嗣也  1947年生まれ

八木保   1949年生まれ

秋田寛   1958年生まれ*

インテリアデザイナー

倉俣史朗  1934年生まれ*

北原進   1937年生まれ*

大橋晃朗  1938年生まれ*

内田繁   1943年生まれ*

杉本貴志  1945年生まれ

植木莞爾  1945年生まれ

北岡節男  1946年生まれ

 

テキスタイルデザイナー

粟辻博   1929年生まれ*

 

メーカー

資生堂 ソニー

ホンダ トヨタ自動車

マツダ キヤノン

ヤマハ パナソニック JADA

デザインミュージアム・デザイン機関

国内:

DNP文化振興財団

国立近代美術館工芸館

JIDAデザインミュージアム

富山県立新近代美術館

金沢工業大学建築アーカイヴス NEW

柳宗理デザイン研究所 他

 

海外:

Cooper Hewitt(NY)

MAK(ウィーン) Barbican

The Design Museum(ロンドン)

Pompidou Centre(パリ)

Garage(モスクワ)

The New Institute(ロッテルダム)

MAXXI(ローマ)

M+ (香港)他

調査対象については変更する可能性もあります。

調査対象(個人)は、2006年朝日新聞社刊『ニッポンをデザインしてきた巨匠たち』を参照し、すでに死去されている方などを含め選定しています。

*は死去されている方です。